家庭環境が複雑な援交少女たち

援交をする少女達には共通点があります。それは、何かしら問題のある家庭環境だということです。
自宅にいることが楽しい、家が落ち着くというなら援交をしようとは考えないものです。幸せな家庭で自分を大切にしてくれる環境ならば、援交をするよりも家に帰る方が幸せなはずです。
しかし、援交をする少女達には、帰る家がないのです。物理的に無いのではなく、家庭の中に自分の居場所がないというのが正しいかもしれません。
彼女たちの親も、もちろん可愛い娘の事を心配しているはずです。しかし、その「心配」を「怒り」という形でしか表現できない親である事が多いようです。心配するあまり、何も聞かずに怒る。愛するあまり、怒って親が考える道に進ませようとする。
親としては、その怒りは愛情表現なのかもしれませんが、少女達には「言い分も聞かずに一方的に怒る」としか映らないのです。彼女達の年齢では、その裏にある愛情を理解するのは難しいのかもしれません。
そして、親以外に自分を心配してくれる大人を探し始め、行き着くところが「援交」だったということです。
心配して欲しい為に、少女達は自ら危険に近づきます。一度優しくされれば、もっと追い込めばもっと心配してくれる…とエスカレートしてしまいます。
少女達が援交をするのは、お金が欲しいのではなく、愛情が欲しいのかもしれません。

関連記事:

    None Found